不道徳かつ地獄的なパラノイア

自称作家が何の根拠もない嘘八百を語るブログ

女子力マシマシ、ネギ抜き

f:id:yorisuke-tomigaoka:20160905005020j:plain

↑広告バナーではない。

 

宇宙誕生以降数々の生物が生まれ死んでいったが、そんな何千年もの長い歴史の中でも生まれ落ちたすぐ風俗に向かう雄性っぷりを見せたのは私だけではないだろうか。

 

世界の恋人Tomyこと登美ケ丘 依介。

 

そう、私だ。

 

この間、表参道のスターバッキスカフェで優雅にモカフラッペを嗜んでいた時に、斜め前に座っていた表参道系OL(推定26-29)の方が

 

「料理作るとか部屋綺麗に掃除できるとか、そういう基準で女子力って測れないと思う。」

 

 

 

と、コップの底の方に溜まったチョコチップを弄り倒しながら言っていた

 

 

なるほど、興味深い。

 

私はすぐに席を立つと、モカフラッペが入っていた白い陶器のカップをゴミ箱に捨てて店を出た。

 

表参道は、小雨の夜が美しい。

 

美しい場所で、どうしようもなく生産性のないことを思案する贅沢は筆舌に尽くしがたい。

 

 

 

そもそも女子力(Women's power)とはなんぞやという話だ。大学でもよく耳にするし、SNS上では言わずもがな。

 

2009年に流行語大賞も受賞した勢いのいい元気のある言葉らしい。

 

そして広義の意味として『輝いた生き方をしている女子が持つ力』という言葉であるとされる。

 

 

それが週刊誌などメディアを通して歪曲もしながら最終的に「男性の視点からたった理想の女子像」のような表現に変わっていった。

 

女子力を知るとOL氏の言うこともよくわかる。

 

確かに最近女子力という言葉が軽々しく使われているような気がする。

 

サラダを取り分けただけで女子力が上がるものなのか、使いづらそうなビンに入ったジュースを飲むだけで女子力が上がるものなのか、ハンカチが花柄でKAWAIIからといって女子力が上がってたまるものか。

 

怒りがこみ上げる。

 

大体、アサイーボウルってなんなんだ。

 

女子力を極限に向上させる代わりに使用者のゴニョゴニョが大変なことになるのか?

 

 

 

部屋に観葉植物を置いたとて得られるのは女子力ではなくマイナスイオンなのである。

 

 

 

思い出して欲しい。

 

名作『ドラゴンボール』の悟空でさえ血の滲むような修行を重ねて戦闘力をあげたじゃあないかと。

 

孫悟空という日本を代表するキャラクターから学び自分を重ねてみようと。

 

女子力をあげたいなら中国四川省の霧が深く立ち込める山々の一番高所に存在していると言い伝えのあるどんな怪我でもたちどころに直してしまう仙人の元へ弟子入りし、一千年もの間修行をすることによって初めて女子力の境地、明鏡止水へとたどり着けるのではないだろうか。

 

というのは冗談だが

 

輝かしく生きているのは、生きとし生けるもの皆往々にそう言えるのである。

 

皆素晴らしく命を燃やし生きている。

 

つまり

 

 

 

女子力というのはみんなの心の中に咲いていっぞ!

 

 

という孫悟空の台詞を、今記事の締めに使わせていただく。